議会活動

田辺西牟婁郡県立高校3クラス減をうけて

2014年12月議会 教育

生徒数減が続き今後も団体クラブ活動等に支障がでるが学校数を変えずにクラス数を減らすのか、それとも学校を統合していくのかを聞きました。
今後、有識者や関係者と検討をすすめるとの事ですが、生徒数減を見据えた田辺西牟婁の高校再編はこれから進むべく道を選んでいく子供たちにとっても大事な問題です。できるだけ早く示してあげたい所です。

熊野高校の今後のクラブの維持や存続について、どのように考えているか聞きました。
国道311号栗栖川から龍神行政局の間約15分ほどの距離をつなぐ通学手段が確保できないか聞きました。
南部高校龍神分校は人気は高いが寮の部屋数が少なく、空きを見ながら志望するのが現状です。通学手段が確保できれば寮の空きを気にせず受験でき、親元から通うことで生徒の負担も軽くなります。県教育委員会は関係機関と連携して研究していくとのことですが実現にむけて努力していきたいと考えています。

将来的な林業人材育成のために林業科の再設置を南部高校龍神分校に設置できれば、地域活性化や学校の特色化につながると思うので、教育長に考えを聞きました。

トップページに戻る