議会活動

世界遺産追加登録 エリアの利活用

2017年02月議会 観光

追加登録エリアの環境整備
【県の回答】世界遺産追加登録に合わせ、多言語表記の案内板、誘導板を新たに142カ所設置し、さらに、世界遺産地域を含む県内全域で、市町村や民間事業者等と連携し、観光客用の公衆トイレを654カ所、和歌山フリーWi-Fiを1630アクセスポイント、それぞれ整備しており、今後も訪れていただく観光客の皆さんに世界遺産の追加登録地域を満足していただけるよう、地元と協力し、ニーズに合った受け入れ環境の整備を進めてまいります。

トレッキング女性客の受け入れ体制整備
【県の回答】女性観光客視点での環境整備に加え、男女別トイレや案内板の整備等の支援や民間事業者による通信設備設置など、受け入れ環境の充実を働きかけていきます。

トップページに戻る