観光

谷口和樹の活動のうち、観光振興に関する言動をまとめています。

IR(外国人専用カジノ)について

IRの設置に「どれだけの県民が(「反対」ではなく) 賛成」していると考えているのかIR推進室企画部  長に聞きました。
カジノによるギャンブル依存症はゼロに抑えられるのかIR推進室 企画部長に聞きました。
外国人専用カジノになるように国に掛け合う気持ちはないかIR推進室 企画部長に聞きました。

県内飲食街の復興について

「地域の台所」である地方飲食街は新型コロナの影響で厳しい状況です。再興活性化について商工観光労働部長に質問。支援の要望をしました。

IR外国人専用カジノと ギャンブル依存症対策について

ギャンブル依存症対策費用と時間、地域への影響などを考え、当初は「外国人専用」に規制すべきでは?
【仁坂知事の回答】IR整備法におけるギャンブル依存症対策制度で事前に防ぐ手立てはほぼ万全と評価した。本県独自の取り組みも行う。

昨年、自殺率全国ワーストの和歌山県が日本人相手にカジノを開放することが、県内外に胸を張って誇れる政策なのか。当面は「外国人専用カジノ」でスタートするよう再考、国に働きかけるよう知事に再要望しました。

南紀白浜空港への観光局移転について

世界遺産追加登録 エリアの利活用

追加登録エリアの環境整備
【県の回答】世界遺産追加登録に合わせ、多言語表記の案内板、誘導板を新たに142カ所設置し、さらに、世界遺産地域を含む県内全域で、市町村や民間事業者等と連携し、観光客用の公衆トイレを654カ所、和歌山フリーWi-Fiを1630アクセスポイント、それぞれ整備しており、今後も訪れていただく観光客の皆さんに世界遺産の追加登録地域を満足していただけるよう、地元と協力し、ニーズに合った受け入れ環境の整備を進めてまいります。

トレッキング女性客の受け入れ体制整備
【県の回答】女性観光客視点での環境整備に加え、男女別トイレや案内板の整備等の支援や民間事業者による通信設備設置など、受け入れ環境の充実を働きかけていきます。

トップページに戻る